結婚しようが子どもがいようが私は私である、と言えるだけの何かを持ち続けるための格闘を今までしてきたのであり、これからもしていくのだろうということ。 目の前の赤子を大きくすることに腐心していた1年が終わり、仕事に戻り、家庭以外の人との接点が増えるにしたがって ...
| child , life