某待合室で少しずつ読む。 これを咀嚼しきるには時間をかける必要がありそう。 でもその価値は、少なくとも私にとっては確実にある。 須賀敦子を読んでいたときから、「恩寵」という言葉が頭の奥底に浮かんだままそれなりの位置を占めている。 少しずつでいいから、このあたりを詰めていきたいところ。